学会発表;第5回アジア神経精神薬理学会

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 21:56

5th Asian College of Neuropsychopharmacology (第5回 アジア神経精神薬理学会)へ参加・発表をしてきました。

 

 

 

マレーシアのバリ島、Nusa Dua 地域の the Bali International Convention Center  での開催でした。

 

 

JOINT SYMPOSIUM AsCNP-JSNP MEETING
Addiction Research Collaboraions in Asia

 

Chair

Andi J. Tanra (Indonesia)

Co-Chair Kazutaka Ikeda (Japan)

 

JM02-1
Molecular Genetics for Psychostimulants Addiction in Asian Countries

Ichiro Sora  (Japan)

 

JM02-2

Addiciction Clinical Trials in Taiwan and Reserch in Asia Country Collaborations

Shih-Ku Lin (Taiwan)

 

JM02-3

Complex Interplay Between Pain Relief and oPioid Addiction: Chronic Pain Diminishes the Mesolimbic Dopaminergic Network

Minoru Narita (Japan)

 

JM02-4

Novel Molecules, Shati/Nat8l, Piccolo and TMEM168, Protect Methamphetamine Dependence in Mice

Atsumi Nitta (Japan)

 

日本神経精神薬理学会という学会があり、私にとっては活動の中心の1つです。それのアジアバージョンの学会です。アジアの中に日本が含まれているのだけど、そのジョイントシンポジウムで発表をさせてもらいました。

 

 

教室からも2つのポスター発表をしましたが、あらあら、大学院生の名前も誰もいれていない単独発表になっているようです。そのような演題が他にもあるので、学会側のミスでしょうが、私たち大人はともかく、大学院生の実績がつめず、残念です。本当は学会側へerratum を要求すべきなのでしょうが。気づいたのが今となってしまいました。

 

 

P1-A8

Induction System of Shati/Nat8L Expression by Methamphetamine Via Dopamine D1 Signaling Pathway

Kyosuke Uno

 

P1-B23

The Combination of Presynaptic Cytomatrix Protein Piccolo Knockdown in the Prefrontal Cortex and Mild Social Defeat Stress Induces Schizophrenia-like Behaviors in Mice

Yoshiaki Miyamoto

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下のシンポの座長もしました。

 

JOINT AsCNP-CINP MEETING
Future Perspective Issue of Neuropsychopharmacology


John H. Krystal (USA)
Atsumi Nittaa (Japan)

 

JM01-1 NMDA Receptor Channel Subunit GluN2D: A Dark Horse Molecule in Neuropsychopharmacology
Kazutaka  Ikeda (Japan)
JM01-2
Can We Develop Blood Tests for Psychiatric Disorders?
Brian Dean (Australia)
JM01-3
Brain Image and Drug Development: The Past, Present, and Future
Yuan-Hwa Chou (Taiwan)
JM01-4
Functional Neurosurgical Interventions for Drug Refractory Obsessive-Compulsive Disorder: Where We Are Now

Chan-Hyung Kim (Korea)

 

 

バリへ行くというと、バカンス?と、聞かれてばかりですが、きちんと学会へフル出場していました。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

recent comment

  • 研究会発表;第6回脳表現型の分子メカニズム研究会
    新田淳美 (11/25)
  • 研究会発表;第6回脳表現型の分子メカニズム研究会
    橋本亮太 (11/21)
  • 学会発表:(写真と話題の追加)第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会
    新田淳美 (11/03)
  • 学会発表:(写真と話題の追加)第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会
    Kumi (10/03)
  • 学会発表:(写真と話題の追加)第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会
    コピーブランドバッグ (10/02)

profile

自己紹介

新田淳美 nitta@pha.u-toyama.ac.jp 富山大学大学院医学薬学研究部(薬学)・薬物治療学研究室・教授、  【略歴】1980 京都市立室町小学校卒業、 1983 同志社中学校卒業、 1986 同志社高校卒業、 1990 岐阜薬科大学卒業、 1992 岐阜薬科大学大学院薬学研究科博士前期(修士)修了、 1995 名古屋大学大学院医学研究科博士課程短期修了 博士(医学)下付、 1995 岐阜薬科大学 分子生物学教室助手、 2002 名古屋大学医学部附属病院薬剤部助(准)教授、 2009 富山大学大学院医学薬学研究部・薬物治療学研究室教授

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM